英会話を一番効率よく習得

英作文の必要性

ビジネスと英作文

 

ビジネスのグローバル化が進んだ昨今の日本社会では「英語はできて当たり前」という風潮が強まっています。

 

特に、英会話に関しては、このごろは学校の授業の中でも英会話の時間が取られたり、
カリキュラムも英会話に重点をおいたものを採用している学校なども多いので、
ひと昔前とくらべるとかなり英会話の能力が高い人が増えているといわれています。

 

また、英会話重視の教育を受けてこなかった人でも、
最近は働きながらでも気軽に通える英会話教室などがたくさんあるので、
自らレッスンを受けて英会話の力をアップさせることが可能です。

 

ところが、英会話が達者になって、英語圏の会社などとのビジネスが盛んになってくると、
今度は社内の文書や連絡の際に、英会話ではなく英作文のチカラが必要になってきました。

 

 

 

正しい英語力

英会話ができれば英作文なんて簡単なものなのでは?
と思う人もいるかもしれませんが、
身振り手振りや表情などである程度カバーできる英会話と違い、
英作文という形で相手に情報を伝えるとなると勝手はかなり変わってしまうよう。

 

日本語でもそうですが、ビジネス文書というのはちょっと特殊な形式がとられている場合が多いため、
話し言葉と同様に作成するわけにはいきません。

 

英語も同様で、TPOに応じた実践的なビジネス文書を書こうと思ったら、
英会話が堪能な人でもそれなりの勉強をしなければ書くのが意外と難しいといわれているのです。

 

また、遠く離れた海外とのビジネスが増えれば、その分メールでのやり取りなども増えるはず。

 

面と向かって話すのは上手にできるのに、
英語でメールをしなければならないとなると、
文法や単語のつづりなどを正確に行なわなくてはなりませんから、
正しい英語力が必要です。

 

これまで、なんとなく英語を使ってはきたけれど自分の英語が正しい英語なのか自信がない…

という人も、英語で文書を作成するために正しい英語力を身に着けていけば、
英会話も自身を持って行なうことができるのではないでしょうか。